AI時代の生き方 ライフスタイル ライフハック 独白

【リブログ】ベーシックインカムが導入された世界(本田晃一さんブログより)

投稿日:2018年3月18日 更新日:

こんにちは。IT/経済ジャーナリストで投資家の渡辺です。

前向きな著作で元気付けてくれる、いつも明るい作家の本田晃一さんが働き方改革とベーシックインカムについて、簡潔に、でも結構本質的な内容をブログに書かれていたので、ご紹介します。

「働き方改革」を経て「AI」と「ベーシックインカム」が導入された後の世界

好評だったとのことで、続きも書かれていました。

「働き方改革」を経て「AI」と「ベーシックインカム」が導入された後の世界2

本田さんの最新作「はしゃぎながら夢を叶える方法」(Amazonにジャンプします)

はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法

結局、最低限の生存のために人類は長年(そして今も)意に添わぬ労働をしたり、部下を怒鳴りつけたり、会社で人の足を引っ張ったり、さらにはストレス解消で後輩イビリをしたり、その後輩も殴り返してもいいのにできずうつ病になったり、あれこれ苦労してきたわけで、ベーシックインカムはそこを解決する手段として、今後もっと議論が進むと思われます。

最低限の生活費が得られると、本当に働かなくなる層は一定数いるでしょう。

ベーシックインカムは生存に必要な最小限の金額なので、雨風しのいで最低限の食は得られますが、遊んで暮らすほどのゆとりはありません

でも、これからはよほど駅近の都市部でなければ住宅は余ってくるし、食糧の生産性は非常に高いので、ベーシックインカムが導入されれば誰もが飢えない程度には生きていけるはずです。

また、個別の補助金や年金、失業給付などのが必要なくなるので、公務員や年金機構など特殊法人の職員も大幅に減らせるので、行政機構もスリム化できます。

もう1つ、最小限の生存が保障されると、そこから本当にやりたいこと、試してみたいことという、個々人の心の底から湧いてくるパッションが世の中に出てくることで、もっと面白く、生きやすい世の中になるのではないかと

自分で自分のベーシックインカムを作れないかという編集人の実験については、以下でもご紹介しています。参考にしていただけると嬉しいです。

AI投資による自分年金研究室

-AI時代の生き方, ライフスタイル, ライフハック, 独白

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

銀行はAI融資で生き返るのか

こんにちは。IT/経済ジャーナリストで投資家の渡辺です。 キャッシュレスの普及、ビッグデータによる個人や企業の信用格付の仕組み、AIを活用した瞬時での融資判断など、もはや金融テクノロジーやAIのエリア …

no image

【サラリーマンの生き方】働き方改革の要点をまとめると

こんにちは。IT/経済ジャーナリストで投資家の渡辺です。 働き方改革の本丸として、裁量労働制を導入するのか、大きく話題になっていましたが、結局、裁量労働制は導入しないことになりました。それでは何だか骨 …

no image

【AIメカニズム】AIはビッグデータをエサに成長する

こんにちは。経済/ITジャーナリストで投資家の渡辺です。 学生の頃の確率・統計の勉強には苦労した思い出がある人も多いかと思います。ところがビジネスの世界では、これほど使える学問はありません。 ●金融を …

no image

【AI倫理学のすゝめ】悪のAIが人類を滅ぼす?

こんにちは。IT/経済ジャーナリストで投資家の渡辺です。 人工知能(以下AI)が悪用されたら、あるいは暴走したら、という懸念が最近あちこちで沸き起こってきました。 確かに古くから多くのSFで、AIが発 …

no image

【雑感】つらい仕事を辞めるための準備 〜森友に絡む財務官僚自死に思う

こんにちは。IT/経済ジャーナリストで投資家の渡辺です。 森友問題で、その案件を担当していた50代の担当者の方が悩んだ末に自死したことが報道されました。 森友事件の方は正直、編集人個人の活動や利益には …